クレスコ・イー・ソリューション

SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

デザインシンキングd.school講師来日、第2回デザインシンキングイベントのご紹介

皆さん、こんにちは、シリコンバレーのITやデザインシンキングについて情報発信をしている、ヒューマンセントリックデザインセンター(HCD)の方です。
今回の記事では、来月(2019年11月19日と20日)に、東京で行う掲題のイベントをご紹介したいと思います。

昨年は、弊社がスタンフォード大学d.schoolの講師を日本に招き、3日間のワークショップを行いました。
内容はデザインシンキングの基礎、5つのフェーズの体験とイノベーション組織作りがメインでした。
昨年2018年度の開催内容はこちらです。

昨年の参加者の方々からは、非常に良い評価を頂きましたので、今年も開催することとなりました!
ここ1年間でデザインシンキングのキーワードは、日本の中でかなり知られるようになってきました。
デザインシンキングの基礎を身につけた仲間も増えてきました。
皆さんが幅広く、色んなテーマをセッティングし、デザインシンキングを実践しました。
一方で、皆さんには、新しい悩みも出てきました。

– 「デザインシンキングはとても良いもので、ワークショップは楽しかったが、そのまま終わっちゃう場合が多いね、どのように実際のビジネス成果に繋がるの?
– 「デザインシンキングの進み方は分かる。でもうまく行かない場合がよくある。止まる原因が分からず、もうちょっとデザインシンキング知識を深めたい。
– 「実際の仕事で、ワークショップが終わったら、次のアクションは何なの?
– 「自分はデザインシンキングの良さがよくわかっているけど、周りに説明しても、同じように思ってくれる人が少ない。会社の中に、何をすればイノベーティブな仲間を増やせるの?或いは、イノベーティブ・クリエイティブ人材を育てるには、どこから始めれば良いの?
– 「デザインシンキング方法論の中に、ツールも沢山ある。どのシナリオにどのツールを使えば一番役立つの?アウトプットがビジネスに繋がるキーは何なの?
– 「弊社管理層でも、ビジネス業務担当者でも、IT責任者でも、皆、DX(デジタルトランスフォーメーション)に着目している。デジタルトランスフォーメーションを実現したいと思うが、デザインシンキングは役立つの?実際の参考になる事例を知りたい。
– 「私達はSAPを使っている。エクスペリエンスエコノミーの中に、どのようにユーザ視点からカスタマエクスペリエンスを向上させ、そこから新しいビジネスチャンスが生まれるの?例えば、考えなくてはいけない現状は、既存システムの中に、沢山SAPオペレーションデータが溜まっている。活用方法、考え方と進み方を知りたい。

などなどの質問と悩みはよく聞いています。
今回のイベントでは、上記の皆さんの悩みに対して答えられる内容としました!
今回のイベントを通して、皆さんの悩みを解決することに、少しでも役立てば良いなと思っています。
今年のイベント詳細、講師紹介及び申し込みサイトについて、こちらをご参照ください。

2日間のそれぞれのハイライトとして、1日目のワークショップは、同じマインドを持つメンバーを育て、新規事業開発の共通手法を取得でき、デザインシンキングの基礎から、アドバンストへの進化するコースです。
講師はスタンフォード以外に、アメリカ、ヨーロッパとアジアのビジネススクールで授業を行った経験もあります。
誰にとっても、基礎を固めながら、今までクリアできなかったデザインシンキングの疑問点をクリアでき、分かりやすいコースです。

2日目のワークショップは、もともとd.schoolで講師を担当していた経歴を持ち、いま、シリコンバレーの有名なStartupで働いている方より実施します。
AI・IoTプロジェクトでデザインシンキングを活用した経験が豊富で、実績を持っている方です。
2日目の講師の実践経験は、参加者の皆さんには非常に参考となります。
更に、この方は、ユーザ視点、カスタマージャーニーマップのタッチポイントから、キーポイントを極めるのが得意です。

2日間ともフィードバック懇親会があるので、講師との交流もできます。
当日ご来場をお待ちします。

イベントお申込みはこちら

Design Thinkingサービスはこちら

関連コラムー一覧

DOWNLOAD資料ダウンロード

パンフレット、製品詳細資料、導入事例など
各種資料をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

CONTACT USお問い合わせ

Webで簡単お問い合わせ

製品、導入事例、関連セミナーなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら