Panayaアセスメントサービス(影響分析)

PanayaSAP S/4HANA移行もSAP ERP EhP適用も対応

FEATURES特徴

Panayaアセスメントサービス(影響分析)では、SAP ERP を現状どのように使用されているかを紐解き、「SAP S/4HANA 移行」および「SAP ERP6.0(ECC6.0)標準保守延長のためのEhP適用」における修正や変更要素を網羅的かつ高精度に分析を行った上で、プロジェクト実施のための概算見積をご提示します。
Panayaアセスメント結果の活用により、迅速、効率的にリスクを最小限でプロジェクトを実施することができます。

こんな課題でお悩みですか?
  • ✓ SAP ERPに対してS/4HANA移行、EhP適用を行う際の影響を把握したい
  • ✓ S/4HANA移行、EhP適用プロジェクトのスケジュール感と費用感を知りたい
  • ✓ S/4HANA移行、EhP適用を行う際の費用差を知りたい

Panayaアセスメントサービスが選ばれる理由

  1. 20年以上に渡り培ったSAP ERPの豊富な知識と経験に、Panayaを組み合わせた
    相乗効果の影響分析
  2. 確立したプロジェクト実施方式を前提に提示する概算見積(費用、スケジュール)
  3. SAP S/4HANA移行とSAP ERP EhP適用のアセスメントを同時実施も可能

ECC6.0の標準保守期間のまとめ、S/4HANA移行やEhP適用の実施手順を記載した資料をダウンロードして頂けます。

Panayaとは?

Panaya は世界で標準的に使用されているアセスメント・テストなどのためのツールです。

SAPとPanayaは、SAP S/4HANAへの移行を加速するため2020年11月に業務提携の基本合意締結を発表。
当社はPanaya社と2021年1月にパートナーシップを締結しています。

Panayaの3つの主な機能

  • 1

    SAP ERP一筋10年。独自の影響分析エンジン

    SAP ERP一筋10年。独自の影響分析エンジン

    クラウドのコンピューティングパワーと強力な分析エンジンで移行プロジェクトを48時間でシミュレーション

  • 2

    世界で唯一のクラウド型テストソリューション

    世界で唯一のクラウド型テストソリューション

    テスト証跡やテスト進捗など、全てのテストプロセスを自動で『デジタル化』し再利用可能なテスト資産を蓄積

  • 3

    リモートワークコラボレーション

    リモートワークコラボレーション

    リモートでもリアルタイムに情報共有とコラボレーション情報の一元管理とトレーサビリティ強化が可能

Panaya社について

  • 2006年イスラエルで設立
  • 世界で唯一のクラウド型影響分析およびテストソリューション
  • エンタープライズアプリケーションに特化(SAP,Oracle,Salesforce)
  • グローバル3,000社以上のお客様、5,000以上のプロジェクトの成功に貢献
  • 日本では2009年にビジネス開始以降、300社以上のお客様にてご活用
  • ITリソース不足に対しての唯一の解決方法は、デジタル技術の活用により徹底的な効率化と属人化の排除を進めること。PanayaはSAPプロジェクトのデジタル変革を進め、貴重なヒューマンリソースをより知的な作業へシフトさせることがミッション

ECC6.0の標準保守期間のまとめ、S/4HANA移行やEhP適用の実施手順を記載した資料をダウンロードして頂けます。

CONTENTS内容

20年以上に渡り培ったSAP ERPの豊富な知識と経験に、
Panayaを組み合わせた相乗効果の影響分析

Panayaの分析結果に加えて、SAP ERPの豊富な知識と経験を合わせて、網羅的かつ高精度な影響分析をしたアセスメント結果報告書をご提示します。

■アセスメント結果のご報告内容

  • 標準機能(標準トランザクション)に関する影響分析:詳細な変更要素の報告書をご提示
  • アドオンプログラムに関する影響分析:詳細な修正要素の報告書をご提示
  • プロジェクト計画案の策定:概算御見積をご提示

■アセスメント結果のご報告会

  • Panayaによる分析結果を取りまとめアセスメントレポート(概要、明細)を作成した上で、お客様向けに報告会を実施します。
  • SAP S/4HANA移行の場合は必要に応じて最大3回(2時間/回)、SAP ERP EhP適用の場合は必要に応じて最大2回(2時間/回)を基本に実施します。
  • アセスメントレポート(概要、明細)に加え、Panayaの画面を投影して説明します。
画像をクリックすると拡大表示されます

アセスメントレポート(概要)

アセスメントレポートの概要

アセスメントレポート(明細)

アセスメントレポートの明細

Panaya画面

Panayaの画面

Panayaの画面

確立したプロジェクト実施方式を前提に提示する概算見積
(費用、スケジュール)

過去のプロジェクト実績から培った豊富な知識と経験を元に最適化したスケジュール(プロジェクト実施方式)に照らし合わせて作成するので、精度の高い概算見積とスケジュールをご提示できます。

当社ノウハウ

プロジェクトスケジュール

SAP S/4HANA移行とSAP ERP EhP適用のアセスメントを
同時実施も可能

Panayaアセスメントの実施方式は、基本的にはS/4HANA移行とEhP適用で共通になるため同時に実施することができます。
S/4HANA移行とEhP適用を行う際の費用差を知りたい場合などには効率的です。

■共通部分

  • Panaya抽出プログラムをSAP ERP6.0で実行すると影響分析結果がXMLファイルとして出力されるため、それをPanaya(SaaS)上にファイルアップロードすることで概ね48時間以内には分析結果が出力。Panaya抽出プログラムはABAPソース形式。
  • 「使用履歴情報」は、Panaya抽出プログラム実行時に現行本番機からリモート接続(RFC)で取得。

 使用履歴情報はSAP ERP(ECC6.0)のST03N(トランザクションコード)にて管理(保存)されている情報を利用。
ST03Nの標準設定では保存期間は2ヶ月間(一部の情報は3ヶ月間)。保存期間の設定は変更が可能。

■SAP S/4HANA移行固有部分

  • 事前にSAPの標準分析プログラム(SI-Check/ATC/SCI)が実行前提。
  • SAP標準分析プログラムの一部はアセスメント対象機だけでは実行できないため、別途「Central Check System」を構築しリモート分析。

例)お客様の環境でPanayaアセスメントを行う場合

お客様にクローンサーバーをご用意いただき、アセスメントプログラムを実行します。
 なお、当社サーバーにお客様環境のクローンを作製し実施することも可能です。

画像をクリックすると拡大表示されます

Panayaアセスメント実施方式 ~S/4HANA移行版~

S/4HANA移行版のPanayaアセスメント実施方式

Panayaアセスメント実施方式 ~EhP適用版~

EhP適用版のPanayaアセスメント実施方式

ECC6.0の標準保守期間のまとめ、S/4HANA移行やEhP適用の実施手順を記載した資料をダウンロードして頂けます。

サービスラインナップ

ご検討いただくための一歩としてのPanayaアセスメントサービスのみの対応も可能ですが、その先のEhP適用の実施、方針検討、SAP S/4HANA移行、運用保守についてもお任せください。
部分的なサポートから一気通貫のサポートまで、お客様のご希望に沿って対応いたします。

各サービスをクリックすると、該当サービスの紹介ページが表示されます。
サービスラインナップ

現状把握と影響分析のPanayaアセスメント SAP ERP EhP適用 方針検討のグランドデザイン S/4HANA移行 システム運用保守


DOWNLOAD資料ダウンロード

パンフレット、製品詳細資料、導入事例など
各種資料をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

CONTACT USお問い合わせ

Webで簡単お問い合わせ

製品、導入事例、関連セミナーなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら