サブスクリプション型のSAPシステム運用保守サービス
Min30時間/月(488,000円)から利用可能。リモート(非常駐)で運用保守コストの固定費を最小化!
毎月変動する追加作業にも柔軟に対応。急な作業発生に対しても強力にバックアップ。
リモートだけじゃない。オンサイトサービスもオプション対応可能
SAPシステムの運用保守でこんなお悩みを抱えていませんか?
運用の悩み
運用保守を外部へ
アウトソースしたい
小規模な改修や
追加機能の対応ができない
業務ユーザから改善要望や
問い合わせが多いが、
何が最適解かわからない
システム稼働後、運用が回らず
システム外で対応している
コストの悩み
システム保守対応の負荷に波があるため、
繁忙期以外の保守費用は抑えたい
管理コストがかかっている
管理の悩み
課題管理が煩雑になっている
依頼したタスクのステータスが分からない
システムの悩み
システム稼働後、パフォーマンスに問題があり、まともに動作しない機能がある
SAPと実在庫が一致しない、解決したいが方法が分からない
SAPと関連システムの整合性がとれていない、解決したいが方法が分からない
システム稼働後、想定通りの結果にならない機能があり、運用回避している
システム導入時に実現できなかった課題が残っている
クレスコ・イー・ソリューションのAMSは
サブスクリプション型のSAPシステム運用保守サービス
お客様の課題をすべて解決します。
高品質&安定した
サービス
複数種類のSAP認定コンサルタント資格者が多数在籍。
SAPプロフェッショナル集団として豊富なノウハウを持ち、SAP保守経験を活かした運用支援や運用保守の幅広いサービスを提供します。
必要な時に必要な量のサービス提供で
運用コストを削減
繁忙期や閑散期などを見越した運用保守に必要な工数で、基本サービスを選択できるサブスクリプション型のサービスです。
オンサイト(お客様先常駐)ではなく、リモートによるシェアードサービスによって、運用保守にかかる固定費を抑えることができます。
必要に応じてオンサイトサービスのオプションもご用意しています。
サブスクリプション型とは
お客様の運用保守に必要な作業量に合わせて、複数の工数プランの中から基本サービスを選択いただくご契約です。
毎月、ご契約いただいたプランの工数時間までは、追加費用なく運用保守サービスをご利用可能です。
ご契約いただいたプランの工数を超える運用保守サービスをご用命の場合も、追加サービスとしてご利用いただけます。
この追加サービスは、プラン毎に予め決められた超過時間単価によって提供価格が定められ、基本サービスの工数が大きいプランほど、超過時間単価がリーズナブルになる設定としています。
参考費用
30時間/月のサブスクリプションご契約の場合
月額:488,000円/月 超過時間単価:14,000円/時間(税抜き)
AMSサービス稼働後の費用(2021年10月現在)。準備・計画、移行フェーズは別途費用がかかります。
シェアードサービスとは
オンサイト:お客様先常駐の場合
①1人月単位の要員手配になるため、作業量に対して余剰工数が発生する。
②作業量のピーク月に合わせた固定費となり、他の月は作業量に対する余剰工数と余剰コストが発生する。
リモートシェアードサービスの場合
①時間単位で要員手配するため、作業量に応じた要員工数にできる。
②作業量のボトム月に合わせたサブスクリプションプランで固定費を削減。他の月は作業量に応じた追加サービスを利用。
subscription
受付から対応完了までをスムーズに!
お客様固有要件をキャッチアップした体制を
ご用意し、日々の運用をサポートします。
インシデントの一元管理で管理コストを削減
お客様とのインシデント管理にRedmineを使用し、
内容はもちろん、ステータスも一目瞭然の管理を行います。
subscription
継続的な改善活動の提案でビジネスの推進を支援
保守対象のシステムや業務プロセスにおいて、業務効率などの改善効果が見込まれる課題を見つけ、改善案の検討・提案・実施を継続的に行います。
subscription

現行保守ベンダーから移行して運用コストを約半分に削減した事例資料などをダウンロードして頂けます。

SERVICE

サービス内容

作業項目 内容
問い合わせ対応 SAPの操作・処理内容・処理結果等、定常的に発生する問い合わせへの対応。
作業依頼 定型保守作業 組織変更・勘定追加・カレンダ変更等、定常的に発生する定型保守作業。
定常メンテナンス作業 パラメータ設定やアドオンテーブル等、定常的に発生するメンテナンス作業。
小規模システム改修 定型保守作業や定常メンテナンス作業に含まれない、軽微な仕様変更対応。
仕様変更に伴う、パラメータ設定やプログラム開発。
障害対応 障害発生時の原因調査、リカバリ支援、恒久対応。(SAP社へのエスカレーション対応含む。)
サービス管理 インシデント・要員・工数の管理。月次定例報告会の開催、報告資料作成。
改善対応 改善効果が見込まれる課題の分析・改善案の検討・提案・対応。

ATTENTION!!

SAP 2025年(2027年)問題をサポートします!
SAP Business Suite 7(SAP ERP6.0、SAP CRM7.0、SAP SCM7.0、SAP SRM7.0、SoH)の標準保守期間が2027年まで延長されることが決定しましたが、SAP ERP6.0のまま2027年まで標準保守サポートを受ける場合は、2025年までにEhp6が適用されている必要があります。
またお客様環境のOS・DBのバージョンやSPレベルによっても、サポート期限が異なります。
例)OSがMicrosoft Windows Sever 2012のサポート期限は2023年10月10日まで、Microsoft Windows Sever 2016のサポート期限は2027年1月12日まで。
DBが Sybase ASE16.0のサポート期限は2025年まで、Sybase ASE16.1のサポート期限は2030年まで(ただしリリース予定が2022/1~3月)。
「SAP S/4 HANAへの移行に迷っている」、「SAP S/4HANAへの移行検討が進んでいない」
そんな状況から現行システムの延長をしたいけれど、どうしたらいいか分からない!というお客様をサポートいたします。

SAP ERP6.0ユーザの選択肢(移行/標準保守延長)と実行プラン・各アセスメント・各プロジェクト実施方式などを記載した
詳細資料や事例資料をダウンロードして頂けます。

CASE STUDY

導入事例

飛島建設株式会社様:
ビジネスを支えるSAP ERPの運用保守ベンダーの切り替えで、運用コストを約半分に削減し、迅速迅速なレスポンスや柔軟な対応も実現
case