SAP ERP6.0の標準保守の延長を検討されている企業様向けに「SAP ERP EhP適用サービス」の提供を開始いたしました。

2020年2月5日に標準保守期間が2027年まで延長されることが発表され、SAP S/4HANAへのロードマップの選択肢が追加されましたが、2027年まで標準保守サポートを受けるには、2025年までにEhP6以上が適用されていることが条件になります。

そこで、”自社SAP ERPが2027年の標準保守延長の対象かどうか知りたい” ”EhP適用に必要な期間と費用を知りたい” ”保守延長するかSAP S/4HANA移行するか悩んでいる” などのSAPユーザ企業の課題を強力にサポートいたします。

 

クレスコ・イー・ソリューションは、その先のSAP S/4HANAへの移行検討、高品質&安定の”運用保守サービス”も含め、ワンストップでSAP ERP、SAP S/4HANAに関する様々な課題解決に取り組みます。

ニュース カテゴリー記事一覧

  • ニュース
    2024年1月24日
    令和6年能登半島地震の被害に対する支援(義援金の拠出)について
  • ニュース
    2023年9月21日
    【プレスリリース】物流事業のNRSが「SAP S/4HANA® Cloud」で管理会計・グループ会計の強化に向けて会計システムを稼働、業務効率の向上や迅速な情報提供を実現
  • ニュース
    2023年8月29日
    「第12回 NIPPON IT チャリティ駅伝」協賛のお知らせ
  • ニュース
    2023年8月21日
    【プレスリリース】水の綜合企業のフソウが、SAPのクラウドオファリング 「RISE with SAP」を本格稼働
  • ニュース
    2023年7月1日
    【2022年度】改正派遣法に基づくマージン率の公開