短期間、低コストで倉庫管理の効率化を実現

Mobick WM for SAP Fiori倉庫管理テンプレート

OVERVIEW概要

「Mobick WM for SAP Fiori」は、SAPシステムの倉庫管理の主要業務で必要な機能を、SAP Fioriを活用して短納期、低コストでモバイル化を実現するためのテンプレートです。

SAP Fioriについて

SAP社が提供する最新のユーザインタフェースです。次世代ビジネススイート「SAP S/4 HANA」の標準ユーザインタフェースとしても採用されています。SAP ERP(SAP ECC)6.0の場合も使用できます。

導入メリット

倉庫業務で必要な機能をテンプレート化。低コスト、短期導入を実現します。

直感的に利用できる画面設計なので、導入時のユーザ教育、導入後の展開が容易です。

端末へのアプリインストールは不要のため、導入後の機能拡張もすぐに展開可能です。

*「SAP® NetWeaver Gateway」を導入済みの場合は、最短2ヶ月でご利用いただけます。
また、「SAP® NetWeaver Gateway」の新規導入のご相談も承ります。

SAP Fioriについて
対象業務には必要な4つの機能を搭載
棚卸

実在庫検数をバックエンドの棚卸伝票にリアルタイム更新可能

在庫転送

保管場所移動と共にシステム在庫数もリアルタイムに更新

在庫照会

目的の商品の正確な在庫状況を把握

棚移動

品目やロットの特性値(棚番)をリアルタイムに照会・更新

対象業務には必要な4つの機能を搭載
サービスメニュー
メニュー 内容
Mobick WM for SAP Fiori テンプレートの提供(各種アプリ/ドキュメント)
テンプレート導入サービス ・テンプレートの導入
・初期設定/基本動作確認
BASISサービス ・Gatwayのインストール
・Fioriプラグインの導入、初期設定/運用設計
ナレッジトランスファーサービス ・開発/拡張方法トレーニング(5日間)
Simple UI Serivce ・テンフレートの拡張開発
・カスタマ固有のスクラッチ開発
コンサルティングサービス ・倉庫業務設計/カスタマイズ
・運用設計/アプレーション保守

導入事例

Mipox様

「Mobick for SAP Fiori」を活用し、棚卸業務の大幅な効率化を実現

Mipox様は2014年11月のSAP ERP導入と同時にバーコードシステムを構築されました。年度末に棚卸業務で利用したところ、バーコードが読み取れない等のトラブルが続出したので、生産ラインを止め手作業で対応されました。その後、システム改修を試みたものの改善が見られず、2015年11月にバーコードシステム刷新を決断されました。

課題
  • 人手による棚卸作業のため生産ラインが3日間停止
  • 専用端末からSAP ERPへデータを転送する際、エラーやタイムラグが発生
  • 人の目では棚卸の精度が低く、後から確認・修正の作業が必要に

どのように解決したかは、詳細PDFをご覧ください。

ダウンロードはこちら

* ダウンロードページにて、サービス「Simple UI Service」を選択してください。

DOWNLOAD資料ダウンロード

パンフレット、製品詳細資料、導入事例など
各種資料をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

CONTACT USお問い合わせ

Webで簡単お問い合わせ

製品、導入事例、関連セミナーなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら