ノンプログラミングで外部システムと安全にデータ通信

ConnectPlusSAP連携ALE/IDocコンバータ

OVERVIEW概要

  • TCP/IP接続でOK
  • SAP通信プロトコル(ALE)でセキュアに送受信
  • 物理ファイルの送受信がないので安全

出荷指示や出庫実績などの業務トランザクションデータ交換や、品目・取引先などのマスターデータ配布の為に用意されているERP標準機能へプラグインするALEアダプタです。

SAP標準システム間フォーマットIDocを、SAP通信プロトコルtRFCでセキュアに送受信します。ERPサーバとの間にTCP/IPラインさえあれば、ERPが海外でも、クラウド上でもプラグインできます。

ERP側の通信ミドルウェアと“ConnectPlus”がプログラム間通信でデータを受け渡し、物理ファイルの転送は伴いません。

ConnectPlus概念図

ERPに接続したいシステム側に「ConnectPlus」を”SAPアダプタとして”インストールして連携実装します。

単独のPCサーバを立ててインストールし、ERPへのゲートウェイサーバとして複数のサブシステムで共有することも可能です。

「ConnectPlus」は、SAP社のラボでの機能テストを経て、SAP標準インタフェースでERPパッケージにアドオンすることなくサブシステム接続できるツールであると認定されたERP接続用アダプタツールです。

  • メイン画面

    メイン画面

  • 項目定義画面

    項目定義画面

  • ConnectPlus稼動画面

    ConnectPlus稼動画面

特徴

  • 1)SAP標準インタフェース接続でアドオン開発不要
  • 2)双方向データ転送(インバウンド・アウトバウンド)を容易に実現
  • 3)マッピング機能により導入後の使用変更もノンプログラムで対応可能

活用イメージ

活用イメージ

GUIによるデータ変換で、本稼働後の仕様変更もノンプログラミングで対応。
効率的に連携を実現するため、導入後の運用保守を軽減します。

DEMO実機デモ

帳票 EIAJ納品書出力

帳票 EIAJ納品書出力

SAP ERPの出荷伝票登録画面より、データエントリ後、リアルタイムで帳票システムへデータが引き渡され、納品書を即時印刷します。

WMS(倉庫管理)出荷実績収集

WMS(倉庫管理)出荷実績収集

SAP ERP出荷伝票登録画面より、データエントリ後、出荷指示データとして、WMSにデータが引き渡されます。
WMSと無線接続しているハンディスキャナより、出庫エントリ(バーコードスキャン)を行い、WMSよりSAP ERPへデータが送信され、SAP ERPで出庫確認されます。

接続設定

接続設定

ConnectPlusとSAP システムの連携接続設定を行い、接続テストによる疎通確認を行います。

OPERATING動作環境

対応OS

  • Windows Server 2008 Standard(x86, x64)
  • Windows Server 2008 Enterprise(x86, x64)
  • Windows Server 2008 Datacenter(x86, x64)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(x64)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(x64)
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter(x64)
  • Windows Server 2012 Standard(x64)
  • Windows Server 2012 Essentials(x64)
  • Windows Server 2012 Datacenter(x64)
  • Windows Server 2012 R2 Standard(x64)
  • Windows Server 2012 R2 Essentials(x64)
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter(x64)
  • Red Hat Enterprise Linux AS 4.0(x86, x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux ES 4.0(x86, x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 Server(x86, x86_64)

対応DBMS

  • Oracle10g-11gR2,
  • SQLServer2005-2012,
  • MySQL5.0-5.6

JDK(Java VM)

  • JDK1.7

対応SAP®

  • SAP® R/3® 4.x〜SAP® S/4HANA
    (Unicode版含む)

データベース入出力機能対応DBMS

  • Oracle 9.2.0/10.1.0/10.2.0/11g/12c
  • Microsoft SQLServer 2000/2005/2008/2008SP1/2012 SP1
  • DB2 UDB 8.2/9.1/9.5/9.7
  • MySQL 4.0.2/5.0.45/5.1.37
  • PostgreSQL 9.2/9.3

EVALUATION評価版

評価版のご利用について

対象製品
  • ConnectPlusGT
  • ConnectPlus
  • ConnectPlusEt
  • ezFront
前提

ただし、下記3製品のご評価及びご試用は「SAPアダプタ トライアルパック」サービス(以下、本サービスといいます)のご利用を前提としています。

  • ConnectPlusGT
  • ConnectPlus
  • ConnectPlusEtXP(拡張パック)

* ConnectPlusEtおよびezFrontは無償評価版のCDを用意しています。

期間

貸出期間は1ヵ月となっています。

評価版の有償化に至った経緯

以前は、製品の評価版をお申し込みいただいたお客様には無償にて提供しておりましたが、
・SAP側の設定がわからなかった
・ツールの使い方を習得する時間が取れなかった など…
の理由によりご評価いただけないケースがあり、効果的なご利用の促進を目指して評価版には初期基本サービスとして本サービスを有償にて付帯することにいたしました。

DBアダプタ
  • SQL Server 2005, 2008, 2008 R2, 2012
  • Oracle 11g, 11g R2
対応SAP®
  • SAP® R/3® 4.6C〜SAP® S/4HANA(Unicode版含む)

SAPアダプタ トライアルパック

SAPアダプタ トライアルパックとは?

クレスコ・イー・ソリューションは、SAPシステムと社内外のシステムとの連携構築を専門にサービスを提供しております。
ERPへの外付けサブシステムを新規構築する前に、プロトタイプでの機能確認や導入効果の評価をしたいというような場合、あるいは連携ツール自体の機能評価を行う場合、弊社のSAPアダプタ評価版を貸し出しいたします。
評価版ライセンスのご利用には、「SAPアダプタ トライアルパック」のお申し込みが前提となります。
ERP側のインターフェース調査や接続開発に係わる工数をカットし、サブシステムの評価に注力できるよう、オンサイトサポートを付帯いたします。

評価範囲(実現性、難易度、効果)

トライアルパックの詳細はこちら

期間

貸出期間は1ヵ月となっています。

購入時の扱い

本サービスのご利用後、正式ライセンスをご購入いただく場合には、同額の相殺値引きをいたします。

トライアルパックおよび評価版CDのお申し込みはこちら
ConnectPlus / ConnectPlusGT / ConnectPlusEt / ezFront

INTRODUCTION製品導入サービス

製品導入サービス

当社SAP専用アダプタ製品、および取り扱いソフトウェアの導入に係るサービスは、下記の内容となっております。ライセンス購入のみや、インストールから本稼働立会までフルサポートなど、ご要望に沿ったサービスをご選択いただけます。

インストール

当社製品のSAPアダプタ他、ご使用いただく弊社取り扱いソフトウェアの、ご指定マシンへのインストール及びセットアップ(初期設定)と、初期設定状況およびソフトウェア取り扱い方法の説明を行います。

トレーニング

導入製品の使用方法をSAP側の設定も含めて解説します。

●製品トレーニング

当社製品を初めて使う方のためのコースです。
製品機能概要からERP連携実装の方法まで解説し、実機で基本的な開発ツールの操作方法を習得していただくことを目的としています。
基本的にすべてオンサイト実施です。

タイトル 期間 受講料
ContactPlusGTコース 2日 400,000円
ContactPlusコース 1日 200,000円
ContactPlusEtコース 半日 75,000円

●カスタマイズドトレーニング

ご要望に合わせた内容、日数でのトレーニングをアレンジします。
例)ContactPlusGTコース+実要件でのSAP側設定とフロー定義の実習 2日間

* 当社にてカバーできないご要望もあります。予めご了承ください。

導入サービス
●接続設計

SAP®標準機能活用を前提とし、アドオン開発を避けたシステム間接続設計を行います。

●実装

接続に必要なデータ交換(メッセージ)の為の入出力設定、フォーマット変換定義、データフロージョブ定義などを実装し、接続確認します。
新規サブシステム開発を同時にご依頼いただいている場合は、サブシステム連動でのテストを行います。
開発・テストマシン上でのテストデータによる接続要件確認までが実装サービスに含まれます。
全接続要件対応ではなく、部分委託も可能です。

●フォローアップ

ご要望により、統合テスト、移行、本稼働調整など、単体UP後のプロジェクト作業をサポートします。

* 当社製品の導入サービス以外にも、ERP連携のサポートやサブシステム構築をサポートさせていただきます。

サービス内容はこちら

導入スケジュール例

プロジェクト範囲の確定 SAP®使用トランザクション
周辺システムの特定
オプション要件
特殊業務要件
メッセージフロー設計 各トランザクション毎に項目単位で仕様決定
導入詳細
スケジュール作成
追加開発 標準外機能に対応する開発作業
開発機インストール メッセージマッピング作業と実マップ作成
SAP®接続設定
ハードウェア設置
機能仕様に基づくSAP®側カスタマイズおよびSAP®内メッセージ単体テスト
テストデータによる接続確認
本番機インストール
周辺システムとの接続設定およびSAP®周辺システム折り返しテスト
業務用件確認 SAP®開発機と周辺システムの全シナリオ
確認テスト(総合テスト)
運用設計
運用テスト 取引先との接続テスト
障害ケースと復旧手順確認
ストレステスト
移行作業及び
スキルトランスファー
アドオン、マスタなどの移送
SAP®本番機への接続変更と実機テスト

DOWNLOAD資料ダウンロード

パンフレット、製品詳細資料、導入事例など
各種資料をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

SEMINAR関連セミナー

開催日時 会場 タイトル
2018年08月09日(木)
15:00~16:30
中央区八丁堀 8月9日(木)[東京]ConnectPlus製品セミナー

CONTACT USお問い合わせ

Webで簡単お問い合わせ

製品、導入事例、関連セミナーなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら